2018年06月01日

森友、加計、メディア、民主政ってやつを、株式会社のメタファーで考えてみるよ!

(最近ブログ書いてなかったけど、いい加減この件に貴重な税金と人財を使うのやめて欲しいと思ったので、書いてみた。)

佐川さんが不起訴になったけど、野党議員はまだ証人喚問しようとしているとか。
森友はたかだか数億、加計に至っては岩盤規制にメスを入れた件で、まだ野党が問題にしているんだけど、これ議員の時間と税金を無駄にしてるだけじゃないよね。

この件に関わらされて調査・資料作成している大勢の官僚のリソース=税金、のみならずシワ寄せで通常業務を少人数でやらざるを得ない他の公務員の超過時間給与=税金を永遠無駄使いしてんだって事は僕ら頭に入れた方がいいよね。

皆、税金を「取られる」からなのか、国家と国民の関係を勘違いして、国民は搾取される側と考えがちだが、全く違うよ。本来の考え方は、国民は国のオーナー=株主であり、税金という形で出資、その経営を経営陣として国会議員に委託しているのであり、社員として公務員を雇っている。野党議員は社外取締役。

それが国民主権の元での民主制。幕府と庶民の時代じゃないし。で、国のオーナーたる有権者の一人として森友や加計を考えるなら、経営陣のうち、安倍さんと野党議員のどっちに改善して欲しいかと問われれば、野党議員に改善して欲しい。これは政治信条とは全く別の問題。

経営でやるべき優先順位の低い事に、株主のお金(税金)と貴重な人財を永遠と投入し続ける経営陣は全く擁護出来ないんだわ。どっちかをクビにしろと問われれば、この件に関しては、社長=首相、ではなくて社外取締役=騒いでる野党議員と答えるよ、僕は。

これ以上リソースの無駄使いに騒ぎ立てる議員は、次の株主総会=選挙でクビにしたい。

獣医学会から金貰ってしつこく取締役会=国会を浪費しているのは、出入りの業者さんから便宜貰ってるが故に、本来なら仕入業者を増やしてコスト下げるべき案件で、既存業者以外を認めない役員みたいに見えるんだよな。


森友は、いわくつきの土地を売って税金を少しでも回収しようとした案件だよね?売り先がアレだったのと、社長の奥さんが利用されたって話であって、たかが数億円の話だよ。国の年間予算100兆円だよ?例えれば、年間100億円の売上の企業における、数万円の取引の話だよ。

100億売上のある企業で、キャバクラ一人分の経費を、永遠と取締役会議題に上げ続け、この問題に社員を投入し続ける社外取締役とかどうよ?もっと他の事やってと思わん?

個人的には、あんなおぞましい教育?を物心ついてるかどうかも分からん子どもにするなんて事がストップしたのは、結果的に良い事だとは思ってるけど。

公文書書き換えは、これはこれで問題だから、例えばコンプラ=第三者委員会とかで事実を究明してもらおう。個人的には、投下リソースに対してリターンが小さすぎるので、サンクコストでいいと思うけど。どちらかと言えば、書き換えられない低コストの仕組みを作ることに時間を使った方がよくないか?

でも経営陣には、日本の将来にとって優先順位の高い本来の経営課題に、リソースを割いてほしい。それをチェックするのが社外取締役としての野党の役割。働き方改革法案を改善させた維新みたいにさ。


現社長に課題があるとすれば、膨大な借金を返さんがためにエクイティファイナンス(増税)を繰り返そうとしてる所。本来は、コストを下げる抜本的な事に手を突っ込まないといかんが、既存株主の一部に損させるから、なかなか手を出せない。

加計なんかは、実は株主の要望に応えたコスト削減策の一部。これを社長のリーダーシップをとってやろうとしたので、むしろ株主としては褒めてあげたい所だが、「首相案件」とか言って文句言う輩が出て来るとは。

しかも騒いでる社外取締役の中には、既存業者から金を受け取ってるのもいる。でここぞとばかりにそれに乗っかろうとしてくる社外取締役がワラワラ。社長はこの件に関して誰からもカネを受け取ってない。

しかも元々この案件は、民主党っていう前経営陣が構造改革の一貫として始めたもの。それを加速させたのが現社長なわけで。株主として、この案件で現社長側をクビにするのが賢明な判断とは思えない。そりゃ現社長も色々至らない所もあるだろうけど、そんな皆にとって完璧な社長なんかいないって。

今の局面での社長の役割として、明るい希望を語って成長させて結果売上を伸ばす(税収を上げる)、一方で、やり方ぐるっと変えてコスト抑える両方が必要で、それを明るい笑顔で、かつ覚悟を持ってやる必要あるんだが、ゴメンだけど石破さんのキャラは全くこの局面には合わないとお見受けする。笑

岸田さんはそんな事出来るのかよく分からんし、進次郎君はコトバ空回りで中身が…(ゴメンナサイ、あくまで個人的意見です。)野党議員は言わずもがな。他人の非難は上手いけど、結果出せそうな人見当たらん。しいて挙げれば、ユニクロ柳井さんとか日本電産の永守さんだが、議員じゃないしw


メディアは、株主たる国民への報告担当なんだわ。これも尊い重要な仕事だよね。特にこの会社がこのままだとピンチに陥るって時だから、大事な判断のために事実を正確に報告して欲しいんだわ。

にもかかわらず、自身の信条だか利害関係だか知らんが、事実を捻じ曲げて報告したり、大事なことを報告しなかったりするヤツラがおんのよ。これって株主=国民のガバナンスが効かないどころか、著しい妨害行為だよね。

株主としては、事実を知らんといかんので、こういう報告担当は情報源としては外して、まともに事実のみを伝えてくれる人たちを使いたくなるのは当たり前だよね。ネットの時代、もうこういうのはバレるんだよね。時間が経つほどこの傾向は強まるよ。

なぜなら、ネットを使わない世代がいなくなるから。それまでしか「事実を伝えず自分の利害に合わせて報告する作戦」は使えないよ。というか、それまでこの作戦を使おうとする報告担当者は、どうせバレるんで世代交代を待たずして居なくなる運命だよね。

ちなみに、株主の一人としての僕は、政治信条なんか無いし、一つ一つの課題に是々非々で経営判断させて貰うよ。経営陣についても、人間性分かるほど近くにいないし、将来見越して結果出してるかどうか、足引っ張る事してないかどうかだけで判断するよ。

皆も、誰ソレが憎いとかじゃなくて、そうしない?




posted by nao at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。