2012年12月19日

昇竜に乗せるには

備忘。

大まかに4つビジネスを創っているのだが(きれいには区切れないけれど)、そのうちの一つについて(海外モノ)、友人のfacebookのTL、実にシンプルなTLから、ヒントと刺激をもらう。少し客観的に見れば、何が出来てて何がボトルネックかは一目瞭然。ごちゃごちゃっとしたネタ群を整理して、昇竜に、もとい商流にのっけるには、コミュケーションの流れを整理すればよいのだ。んで、あとは勢いよくシュートしてみる。その後はリアクションに応じて、対応策をとっていく。

質のよいボリュームをいかに集めるか、目利き(自信あり)、結びつける発想(自信あり)、需給ギャップを創る道筋(今回はネタ+コミュニケーションの方法)、実際にシュートしてゴールまで持っていくリソース配分、シュート先の質とボリューム。

持っている資産、競争力のある引き出しを自覚する。新たな獲得も割と得意。それを使うところまで持っていく。
低リスクでライトにやるか、リソースを確保してヘビーにやるかは判断のしどころ。

答えはいつもシンプル。でも悶々と考える過程を経ないと、シンプルな答えには辿りつかない。自分で納得しながら方法を探りながら一歩一歩進めるのが僕のやり方。非効率な面もあるけど、このほうが最終的には身になるし実になる。

posted by nao at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/308557039

この記事へのトラックバック