2012年05月17日

ヤクルトとダノン

ダノンがヤクルト株の買い増しをしようとしている。

ヤクルトには、ファンドマネジャー時代に一度取材に行ったことがある。
印象的だったのは、彼らの日本語のIR資料と英語のIR資料の差が、非常に大きかったこと。こういう現象はあまり見たことがなかった。

ヤクルトは、国内では非常にしっかりしたブランドを持ち、乳酸菌分野での大きな技術的アドバンテージを持っており、かつ海外売上も確実に伸ばしている。特に、新興国での売上拡大が見込まれるため、やりようによっては非常に期待のできる企業なのだが、ただ、いかんせん経営のスピード感が不足している印象は拭えなかった。
日本語のIR資料を詳細に見ても、経営に、資本効率やスピード感を感じさせるものは少なかった。あれだけの強みとブランドを持ち、海外展開も進展しているにもかかわらず、ROEが5%程度というのは、いかにも低い。
企業価値は、ROIC‐WACCの積み重ねなので、ROICの代理変数としてのROEがこの数字ならば、よほど規模拡大スピードが高くないと、企業価値の上昇は随分マイルドなものになってしまう。

一方で、英語のIR資料のメッセージは、日本語のそれと、大きなかい離があることに気づいた。
たとえば英語のアニュアル・リポートを読むと、資本の効率性を重視して、スピード感を持って企業価値を高めていく姿勢が書かれてある。

日本語と英語の資料で、こんなに経営姿勢の表現が違う企業は、ほとんど見たことがない。

取材時にそうした疑問をぶつけたところ、どうやらダノンのノウハウが一部導入されているようだった。というよりも、ダノン向けのメッセージとして、体裁を整えた、というのが、もしかしたら事実に近いのかな、という印象だった。

結局、投資はしなかった。
非常に素晴らしい強みを持った企業で、方向性も正しいと思ったのだが、経営の効率性やスピード感の不足について、そこを重視して経営改革していく姿勢は感じられなかった。せっかくダノンの資本が入っているのだから、その利点を思い切り利用してやればいいのに。
その後の株価の推移を見ると、この投資判断は間違っていなかったと思う。

と同時に、もし本当に「体裁」だけで、このままのスピード感や経営効率でよしとしているならば、それは業績拡大のスピードにも表れるはずで、そうなったときダノンはきっとそのまま静観することはないだろうなぁ、と思っていた。

で、今回の騒動。
むべなるかな、という印象がある。
あくまで想像だが、ヤクルトが、スピード感を持って企業価値を拡大させるような姿勢を持っていたら、そして実際に株価にそれが反映されていたら、ダノンも無理なことをしてこなかったのではないか。
投資先の企業がうまいことやってくれていたら、それが一番だし、変に関係を悪くするような必要はないものだ。
しかも、今回の件は、ダノン単独でやっているわけではなく、ヤクルト本社のやり方が気に入らない販社もダノンの後押しをしている、との報道もある。
こういう場合、経営の効率性やスピード感といった真っ当な話とはまた違う力学が働いていたりする場合が多いんだけど、果たして。

今回の件が、どういう展開になるのかはよくわからない。
個人的には、日本のよいものが外国資本に次々に買われていくのは、なんだかなー、という思いがある。一方で、マネジメントがうまい海外企業ならば、買収されたほうが、より一層世の中をよくするのかもしれない、とも思う。

実は、似た構図の企業は、結構ある。
日本の食品関連の企業って、いいブランド持っているのに、資本効率の低い企業が多いんだよなぁ。
もちろん、こういう構図は食品企業に限らないのだけれど。

人間、やはり目標を持たないと、そちらの方向には進まないもの。もちろん、目標さえ持てば物事が進むと言うつもりはないのだが、まずは的確な目標を持つことは第一歩。人間の集まりである企業も同じですね。
経営上の重点事項に、投下資本利益率と成長スピードを入れて、目標数字を明確にする。
それを実現するための作戦を具体化する。
現場まで浸透させて、モニターし、PDCI的に回していく。
なんてことをやっていただけたら…

今のうちですぞよ。
(自分のところの事業はどうなのか、というのは、完全に棚に上げております。笑
ヤクルトさん、偉そうなこと言ってゴメンナサイ。)

本当は、何か圧倒的な強みを持って、ゆるゆる生きていけたら、それが一番幸せなのかもしれないけれど、なかなかそうはいかないのが資本主義の世の常。
ものすごいニッチ市場じゃない限り、予想もしないような形で代替されるか、あるいはガバナンスの問題で自壊しちゃうことも多い。

なんて、つらつら余計なお世話なことを考えてきたけれど、Lカゼイシロタ株の効果を信じて、今も時折ヤクルトを飲んでいる一ファンとしては、世界に誇れるジャパンブランドとして、ヤクルトさんにはバリバリ頑張ってもらって、世界の人々のお通じをブリブリ促進していただきたいものでございます。

大塚製薬のポカリスエットとともに、「日本のコカコーラ」みたいな存在を目指していただけたら。
あのなんとも言えない母性本能(父性本能?)をくすぐる容器のまま、2リットルサイズとかで世界中で売りまくっていただければと。笑
(保存の問題や飲む量の制限で実現しないのかもしれませんが。)

posted by nao at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック