2012年01月01日

毎日、明けましておめでとう

元日ももうすぐ終わろうとしている。
こうやって新年をお祝いしているのは人間ぐらいのもんだ。

人間以外にとっちゃ、新年なんて概念は無い。
地球はただ回転を続け、今日も陽が昇って起きて何か食ってクソして日が暮れて子作りして寝る、という一日が過ぎるだけ。
本来、生きるとはそういうこと。

逆に言えば、人間だけが区切りをつけたがる。
なんで区切りをつけたがるかといえば、ケツを決めるため、そして立ち止まって何かを考えるため。
そうすることで、本来連続的で惰性に陥りがちな生に、あえて非連続な杭を打ち込んで、生産性をあげようとする。
期限を決めることで生産性を上げようとし、立ち止まって景色を見直し計を図って将来の生産性を上げようとする。
こういうことを意識してやろうというのが、人間ならでは、とも言える。

なら、さ、これもっと頻繁にやればいいんじゃないの?
極端な話、毎日やれたらいいんじゃないか?
毎日、非連続な杭を打ち込むんだ。
毎日、明けましておめでとう。
毎日、今日を区切りとし、毎日、将来の生産性を上げる計をなす。
連続的な生を信じてただ惰性で毎日を過ごすより、随分違った生を送れるかも知れないね。

ただ、杭を打つ日常に慣れるという逆説を起こす危険にはご用心。
意図せずしてラットレースに載せられる日常も避けたいが、自分で考えているようでいて同じところをぐるぐる回ってるだけのハムスター化も避けたいところ。
答えは、きちんと前進しているかを確認すればよろし。

って、なんだかくだらないことごちゃごちゃ書いちゃったけど、
そもそも明けると何がおめでたいんだっけ?
新しい年を迎えられて感謝ってこと?
なら、新しい日を迎えられて毎日感謝ってことでオケ?

というわけで、
皆さま、今日も明けましておめでとうございます。

posted by nao at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243797863

この記事へのトラックバック