2011年07月22日

WEBの究極の役割

Webの究極の役割は、戦術としてのマーケティングを不要にすることじゃなかったのか?

ドラッカーが言ったのは、マーケティングの究極の目的は営業(販売行為だったっけ?)を不要にすること、みたいなことだった。
それに準じて言えば、インターネットの究極の目的はマーケティングを不要にすること、なのだと思う。

否、思っていた。

Googleが帝国を作る過程で、これは一度完成するかに思われた。
彼らの目的は、すべてのコンテンツをネットに載せて、それらをすべて検索できるようにすることだった。
ところが、意外とあっさり他のプラットフォームもgoogleを切り崩せるのだということがわかった。facebookの登場に見られるように。

もちろん、googleが帝国化すると、独占の弊害が起こっただろう。
ただ、プラットフォームが一つ、というのはコンテンツを提供する側からすると、余計なマーケティングはあまり必要ではなくて、ただただ、質の高いコンテンツを、いやもっと言えば、google様のアルゴリズムに適合するようなコンテンツを作ることに集中すれば、それで済んだわけだ。

ところが、プラットフォームが分断されると、また、新しいプラットフォームの使い方としてのマーケティング戦術が復活する。

で、それこそがマーケティングだ、みたいな本が本屋にたくさん並んで、また新しいラットレースに僕らは乗せられることになる。

結局、振り子はどの世界でも働くものなんだ。
そうしてしばらくすると、振り子はまた揺り戻されることになる。

だから、「新しい時代になった!」などという戯言に簡単に乗せられてはいけない。

そういや90年代終わりに、ニュー・エコノミーなどと言って、人類は景気変動を克服した!とまでのたまっていた輩がいたなぁ。遠い目。

posted by nao at 20:49| Comment(1) | TrackBack(0) | ネット・web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今更聞けない!?モバゲーの秘密!モバゲーのコンテンツを徹底紹介!またモバゲーの意外な利用法や異性と出会い方など、モバゲーの魅力を余すことなく教えます☆
Posted by モバゲー at 2011年11月19日 04:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック