2010年02月02日

アバターに見る3Dの課題と未来像

先日、話題の「アバター」を観てきました。
どうせなら3Dが存分に体感できるようにと、わざわざ川崎のIMAXへ予約入れて。

話の内容は、ナウシカとガンダムにスターウォーズで味付けして割ったようなストーリー。
面白くないという意味ではないですよ、面白いです、でも斬新さという意味では、ストーリーよりもやはり映像。

2Dでも上映しているようですが、あれは3Dで観るべきですね。
普通の3Dバージョンを観ていないので、IMAXの3Dじゃなきゃいけないのかはわかりませんが。

今までの子ども騙しのような3Dとはひと味もふた味も違います。
小学生のころ恐竜少年だった僕は、ジュラシック・パークが登場したとき、その映像に度肝を抜かれ身震いするほど感動したことを覚えています。
タイタニックの沈没シーンなんか、ある意味ストーリーそっちのけで見イッてしまいました。

アバターは、映像というものをもう一段違う段階に押し上げるメルクマールとなりそうです。

ただ一方で、「3Dっぽさ」は依然大きく残っています。
要するに、目の焦点が映像の焦点と合わないこともあり、観ると疲れるのです。

人間の目は、ちょっと意識すれば分かると思いますが、見ている対象物に焦点を合わせ、周りはぼやけます。
見る対象が移るごとに、焦点の合う対象が変わり、ぼやける周りも変わるわけです。

3Dは、今のところ、映像側が強制的に焦点を合わせる対象を選んでいるようです。
なので、映像制作側の意図通りの対象物を見れば、目のピントと映像のピントがピタリと合って、それはそれは素晴らしい臨場感を味わえます。
文字通り、その場に臨んでいる感覚にゾクっとします。

しかし、観る側が勝手に、映像上のピントのずれた部分を見ると、映像側と観客の目の焦点にミスマッチを起こしてしまうようです。少なくとも、僕にはそう見えました。
そうなると、目では焦点が合っている箇所がぼけてみえ、逆に目でぼかしたい箇所が映像上は一番クリアな部分になる。

だから、疲れるし、人によっては若干頭痛のような症状も出ちゃうのではないかと。
字幕を見ると余計そうなる。

3D製作に詳しい方、これ正しいですか?
ジェームズ・キャメロンさん、これで合ってます?


もしそうだとしたら、現状では不自然さは拭いきれないし、2時間が限度。
3Dテレビも、あくまでオプションとして映像を切り替えられる、という範囲を出ないでしょう。

逆に言えば、この課題をクリアすると…

つまり、観客一人ひとり見る視点が違うので、観客それぞれ、見た部分に瞬時に焦点が合うような3D、というのが一つの方向性なのかな、と。
例えば、3Dメガネ側にセンサーが搭載され、視線に応じて焦点が合う部分が変化する、という3D。
そうすると、観客の目の焦点と映像側の焦点がミスマッチを起こさず、観客一人ひとりがそれぞれの視点に合った立体画像を観られる。
そうすると、あの、刹那の、ドクっとくる「その場感」が、観ている間じゅう続くという、とてつもなくエクスタシーな世界が繰り広げられるのではないかと思います。

またいつもの妄想癖が出てしまいましたが、3D製作者はそんな世界を目指すことになるのかなぁなんて、アバターを観て思ったのでした。

PS.目の焦点と映像側の焦点の話、もし間違っているようでしたら、コメント欄にでもご指摘くださいませ。m(_ _)m
ラベル:アバター 映画
posted by nao at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック