2017年01月19日

ハンディキャップがハンディキャップでなくなる日

(パラリンピックを観ていて、ふと思ったことをfbに書いたのですが、こちらにも載せときます。)

近い将来、「障がい」とか「ハンディキャップ」という概念そのものが無くなる世の中になるんだろうな。
少なくとも、身体的なものについては。

だって、今「健常者」と呼ばれている人も、遅かれ早かれ何らかの擬態をするようになるし、今「障がい者」とされている人も、健常者と変わらないか、あるいはそれを超える能力を発揮するものを手に入れるわけだ。
メカニカルなものでも、バイオ的なものでも。

で、もう少し遠い将来には、非身体的な面でも(脳とか)、ハンディキャップを克服する世界になるんだろうな。
もしハンディキャップがあるとすれば、こういうものを手に入れられる人と、そうでない人との差、ということになるんだろうね。

そして、もう少し遠い未来には、人間そのものが、ハンデを背負っているような扱いになったりしてね。

posted by nao at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。